FX初心者の基礎知識集
ここはFXを始める初心者の方にFXの基礎知識を学んでいただきたいと思います。FX初心者以外の方でも、今更聞けない&FXに興味のある方など、色んな方に活用してほしいと思います。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX通貨の特徴(ユーロ編)
今日も、FXで取り扱いされる
各国の通貨について、知識を深めて行きましょう。

今日、紹介する通貨は
ヨーロッパ(EU圏)で新たに創設された通貨
ユーロについて説明します。

FX取引で主に使われる
ユーロの組み合わせは
・ユーロ/円
・ユーロ/USドル
などが有名です。

ユーロは、1999年に電子通貨として発足し
その後、2002年に正式通貨として
EU圏で使用され初めました。

EU圏とは、フランス、ギリシャ、イタリア
ドイツ、オランダ、スペイン、イギリス、ポルトガルなど
27ヵ国から構成されており、現在、ユーロは
EU圏内のイギリスなど、一部の国を除く
16ヵ国が、共通通貨として使用しております。

ユーロを導入した国は、EMU(欧州通貨同盟)を結成し
ECB(欧州中央銀行)が決定した政策金利を用いています。

通貨の値動き自体は、商品価格と
連動する傾向が多く、USドルとは
逆相関の関係性が高いですね。

ユーロ/USドルの過去の為替レート推移を
一度、見ておくとわかりやすいと思います。

EU圏において、ユーロの値動きに
参考となる国の経済指標は
ドイツ、フランス、イタリア、スペインですね。

外貨準備高を、USドルからユーロに
変更する国も増え始め、USドルに次ぐ
第二の基軸通貨として、使用される傾向もあるようです。

ユーロ全体の経済力としては、すでに日本を超え
アメリカをも、超える可能性を秘めており
非常に魅力に溢れている市場と評価されているため
ユーロに対する評価は、高かったのですが
今年2月には、ギリシャが重大な財政危機に
陥ったことが判明し、共通通貨であるために
ユーロの信頼が揺らぎ、現在は、ユーロ安となっております。

ユーロが抱えるこれからの課題としては
金融政策は欧州中央銀行(ECB)で行うが
通貨の安定を保証する財政規律は各国任せという
あいまいな制度を、改革していかないと
第2のギリシャを生み出さないとも限りませんので
ユーロの値動きには、こうした特殊な背景(リスク)も
織り込んだ上で、投資するといいと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fxbasicknowledge.blog103.fc2.com/tb.php/13-7d6ed559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。