FX初心者の基礎知識集
ここはFXを始める初心者の方にFXの基礎知識を学んでいただきたいと思います。FX初心者以外の方でも、今更聞けない&FXに興味のある方など、色んな方に活用してほしいと思います。
05 | 2007/05 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXの軍資金「保証金」について
FX(外国為替証拠金取引)をおこなう上で
資金が必要となります。

FX取引をお願いする会社に
預けられた資金のことを保証金といいます。

個人が一定額の保証金を
FX取引会社に預けることによって
FX取引会社から信用供与を受けることとなり
少ない資金で大きな額の取引が可能になります。

これは前回紹介しましたが
FX取引が差金決済
つまり差額分だけを調整することを
目的とした取引であることが
前提条件となっているためです。

したがって
自分の想像していた値動きに反して
相場が推移し損失が発生したとしても
最終的に決済された差額が
FX取引会社に預けた保証金の範囲内に
納まることを原則にしています。

また預けた保証金が減ってきた時に
保証金の状態をメールで知らせる機能や
預けておいたすべての保証金が
すべて無くなってしまわないように
強制的に決済を行う機能を設定している
FX取引会社もあります。

ただし注意が必要なのは
これらの機能は
必ずしも万全では無いと言うことです。

世界各国で取引されている為替相場は
経済指標や突発的な情報などによって
急激な為替変動が起こる可能性もあります。

それらの突発的な出来事により
FX取引会社に預けた保証金以上の
損失を受ける場合もありますから
便利な機能があるので保証金以上の損失は
絶対に無いから大丈夫と過信するのは
大きな間違いです。

FX取引会社に預けた保証金を
無くしてしまわないように
資金管理をしっかり行い
自分の預けた資産をうまく運用して
しっかりと資産形成をしましょう。

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

外貨預金とFX取引(外国為替証拠金取引)の相違点
銀行で取り扱っている
外貨預金との大きな違いですが・・

FX取引は現物決済ではなく
主として差金決済を目的として
取引が行われます。

ですから最終的には
必ず買いポジションを仕掛けた場合は
売りポジションで
売りポジションで仕掛けた場合は
買いポジションで
取引を手仕舞うことにより
初めて成り立つ取引方法です。

先ほど書いた通り
FX取引は差額分だけの決済ですので
預けた額に倍率を掛けた取引が可能となり
資金効率を考えても
優れた投資方法であるということが言えます。

例にたとえると
外貨預金では1ドル=110円の時に
1万ドルの取引をしようとすると
110円×1万ドル=110万円相当の
資金が必要となります。

ところがFX取引では、
同じように1ドル=110円の時に、
1万ドルの取引をしようとする際に
10万円ないしは5万円の保証金さえあれば、
外貨預金と同じ金額を取引が出来きます。

しかも外貨預金と同じく
1万ドルあたりのスワップポイントも受け取れます。

仮に1万ドルの買いポジションを保有とすると
1日あたり約160円前後のスワップポイントを受け取れます。

おまけに外貨預金の場合、
海外旅行をする際に両替をするときのような
仲値と呼ばれる固定レートで
レートの決定は一日一回となっています。

取引できる時間も銀行の営業時間までとなっており
午前9時から午後3時までですし
日本の祝祭日は取引できません。

しかも銀行の手数料が高く設定されていることと
自分の好きなタイミングで解約することも出来ません。
もし解約をするとなると
逆に解約違約金まで取られてしまいます。

以前も書かしてもらいましたが
外国為替市場は土日を除く毎日24時間リアルタイムで
取引が行われレートも秒単位で変動しています。

FX取引では
リアルタイムレートで取引が出来て
売り買いのタイミングも時間と祝祭日を気にせず
自分の判断で自由に決めることが出来ます。

したがって
突発的なニュースの後や
相場が大きく変動した際にも
すばやく対応することが可能でから
収益チャンスを逃しませんし
急にお金が必要なときも
違約金などを取られることなく
好きなときに自分のお金を
使うことが出来ます。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX取引(外国為替証拠金取引)は株取引や商品先物取引とどう違うのか?
FX取引が他の投資方法と
違う点について説明していきましょう。

世界経済は日本の昼夜を問わず動き続けています。
株式や商品取引とは異なり
土日を除く日本や海外の祝祭日も関係なく
24時間取引がおこなわれるグローバルなマーケット
それが外国為替市場です。

したがってFX取引における取引のチャンスは
毎日24時間あるわけですから
平日のお昼に仕事を持っている方はもちろんのこと
自由な時間帯でいつでも取引が出来るということが
他の取引には無い大きな特徴のひとつということが言えます。

例えば・・
平日の昼のお仕事をお持ちの方であれば
帰宅して一息ついた後の
東京時間午後9時から10時前後の時間帯から
FX取引を始めたとすると・・

この時間帯は欧州市場とNY市場が
同時に開いている時間帯であるとともに
各国の経済指標の発表なども行われ
一日の中でFX取引が最も活気付く時間帯でもあります。

外国為替市場はグローバルなマーケットであり
市場規模の大きさから株式の取引で言うところの仕手や
インサイダー取引などが生まれない市場環境となっています。

したがってお金をたくさん持っている人や
情報を人より早く得ることが出来る人が
必ずしも有利かというと
そういうわけでもありません。

誰かが勝てば必ず誰かが負けるという
ゼロサムゲームではなく
マーケットVS個人投資家ということから
プロもアマも関係なく
同じ土俵で勝負できるので
FX取引はフェアでクリーンな取引である
ということがいえます。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX取引(外国為替証拠金取引)利益の仕組み
FX取引はドルやユーロをはじめとする
世界の通貨を売買します

世界190数カ国ある国々は
言葉や習慣と同じように
それぞれに自国内で流通する通貨を持っています。

その通貨は貿易や資本投資などを通じて
世界経済のなかで常に動いています。

日本は長く低金利が続いたことから
世界に目をむけた収益性の高い「分散投資」が注目を集めています。

もっとも身近なところでは
外貨預金や外貨MMFなど
旧来からの外貨投資は皆さんもご存知かと思います。

1998年の「外為法改正」を追い風に
個人でも手軽にFXができるようになり
外貨預金をしのぐブームになってきております。

FX取引の収益チャンスは2つ。

外貨を「安く買って高く売る」
または「高く売って安く買う」ことで得られる
為替変動による利益(キャピタルゲイン)

買った外貨を上昇したところで売り戻し
または売った外貨を下落したところで買い戻せば
外貨預金では得られない利益を上げることも可能です。

例えば
110円で1万ドル買って
115円で1万ドルを売れば
5万円の利益が発生します。

他にも外貨の売買だけでなく
高金利通貨で取引した際の金利差による利益
スワップポイント(インカムゲイン)による利益も得られます。

これは長く続いている日本の低金利により
高金利通貨を保有することで金利差額分を受け取れるという
外貨投資ならではの魅力の一つです。

各国の金利情勢にもよりますが
長期で保有すればするほど大きなリターンを得ることも可能です。



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX取引(外国為替証拠金取引)とはなんですか?
円という日本の国内で流通する通貨では
海外と商品の貿易をしたり
投資をしたりすることはできません。

たとえば会社が
アメリカで投資を行うならばドルに交換するし
ヨーロッパで商品を買い付けるようならユーロに交換するなど
その場その場の外貨を使って貿易や投資を行います。

個人でも
日本人が外国株を買ったりするときは
円だけでは買えませんし
その逆もしかりです。

それではおたがいに困りますので
母国の異なる通貨同士を交換する行為を[為替]といいます。

この為替という行為は
各国の経済状況や通貨の量
金利の差などで交換比率が刻々と変化していきます。

たとえば円高の時に外国の通貨を買って
円安の時に外国の通貨を売って円に戻すと
売買差益を得ることが出来ます。

このようなことは
外国為替市場では普通に行なわれています。

外国為替市場には
具体的な取引所はありません。

市場の参加者がお互いにレートを出し合い
それぞれ相対で取引をしています。

この参加者のほとんどが銀行であるため
銀行間(インターバンク)市場 と呼ばれています。

逆に
機関投資家や事業法人
ヘッジファンドなどが参加している市場を
対顧客市場といいます。

個人が外国為替市場に参加することは
銀行などの外貨預金に投資すること以外ありませんでした。

しかし1998年の外為法改正により
個人でも外国為替取引を行なえるようになりました。

この外国為替市場の総取引金額は
1日あたりおよそ1兆5千億ドルで
取引がある限り売買はいつでも可能です。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。